トムソン立体抜型を活用したもの作り|製造のことなら業者にお任せ

開発とその手法

会社

既にある製品などを分解し解析しながら、自社製品に応用していくことがリバースエンジニアリングである。リバースエンジニアリングでは、開発費の削減や応用により優れた製品開発などに役立てることができるが、権利面では注意が必要になる。

Read More..

新しい歯の治療法

ネット

今まで、歯に詰物や被せ物をする場合、歯の治療は、コストや時間がかかりました。しかし最近では、ドイツの医療機器セレックの登場により、低コスト、短時間で歯の治療を行うことができるようになっています。治療に使われる材質はセラミックなので、治療後の歯の病気を予防することもできます。

Read More..

気軽に申し込みができる

システム

複雑な構造となっていて制作をするのが難しいと考えている企業があればトムソン3Dを扱っている業者に任せてみるといいでしょう。ココなら、色々なことを実現させてくれるでしょう。

Read More..

より精密で高度な治療を

IT

先端技術ゆえの低普及率

マイクロスコープを使った歯の治療に注目が集まっています。マイクロスコープとは顕微鏡の一種で、もともとは手術などで精密な作業を必要とする場合に用いられていたものです。歯科治療としてマイクロスコープが用いられるようになった背景には、歯科医師の経験や勘に左右されることのない、高度な歯科治療を提供するという目的がありましたが、そのぶん一回の治療時間にどうしても多くの時間が必要となるため、現在マイクロスコープを取り入れている歯科医は全体の5%程度だと言われています。そしてその治療時間は、そのまま治療費という形で跳ね返ってきます。たしかに高度な歯の治療が可能ですが、ほとんどの歯科医では保険の利かない治療となることを知っておく必要があります。

神経治療に画期的効果

レントゲンと裸眼による診察・診断を主とする通常の治療と異なり、マイクロスコープを使うことで、肉眼ではどうしても見落としてしまいがちな細部にまで目が行き届くようになり、ヒューマンエラーによる再治療などを格段に低く抑えることが可能となります。特に、神経につながる歯の根管治療においてはもっとも効果を発揮するのがマイクロスコープです。というのも、根管部分は人間の勘を頼りにするにはあまりにも複雑な形状をしており、再発率を大きく下げることができます。そしてそのことで、歯の維持に必要な神経を抜くようなことも少なくなります。またマイクロスコープによって、ミクロ単位での治療が可能なため、本当に削らなければならない部分だけをピンポイントに治療できるだけでなく、痛みも軽減できるというメリットがあります。また、歯科ではトムソン立体抜型で作られた器具を使って歯の矯正治療を行なうことがあります。トムソン立体抜型は専門の制作業者に依頼して作ることが可能です。製造したい場合は依頼するとよいでしょう。